実習がつらいと感じるあなたへ。みんなも同じだよ!【体験談まとめ】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tsurai

実習と聞くと、リハビリ実習(PT,OT,ST)、介護実習、看護実習、教育実習…がパッと浮かぶところでしょうか!

専門職を目指そうと試みると、実習という局面に遭遇しますよね。
特に人を相手にする仕事は必須になってくるのではないでしょうか?

実習というと、今まで学校などで習得した知識や技術を実際の現場で行わなければならないので、すごく緊張しますよね。
また、指導者(バイザー)が担当でつく場合が多く、馬が合わなかったり人間関係がうまく行かず、つらい経験をする人もいるかと思われます。

しかし!!
つらいのはあなただけではないんですよ。
あの偉そうな先輩も、バイザーも、先生もかつては実習生でした。
同じような緊張やつらい経験をしてきたのですよ!

クラスメイトに一人はいるインテリでクールな彼も緊張しているんですよ。

みんな同じなんです!

今回は、そんな実習を目の前にしている人や今まさに直面している学生さんに、君一人だけじゃないぜ!みんなも同じだよ!というメッセージを込めて、みなさんの体験談をまとめてみました。

スポンサーリンク

つらい実習の体験談

Case1

現在看護学科の3年生です。領域別実習の最中です。
実習がつらくてたまりません。家に帰っても気が休まらず、食欲もないのです…
記録が終わらないので睡眠時間も短いです。

人と比べて自分のできなさ加減に悲しくなります。涙がとまりません。
やらなきゃいけないのはわかっています。途中で投げ出したいとは思いません。
ただただつらいです。しんどいです。大変でない実習なんてないですよね?
どうやって乗り越えればいいんでしょう…

家に帰っても気が休まらないのはつらいですよね。
不安は通勤時間に捨てちゃいたいものです!

Case2

疲れきって帰宅しても、予習や復習が気になって気が休まらない。
記録が終わらず、眠れず、疲労を残したまま翌日も実習へ・・・。
皆そう。○○さんだけじゃないよ。

私の場合は、がむしゃらになんとか乗り切ったかな★
正直に言うと、かなり辛いときもあったけど(苦笑)。
実習に区切りがついたところで、友人と気分転換をすることをお勧めします(経験上です)。

凹んでいるときって、自分はダメなのに皆は出来ている様に感じたりします。
応援しているよ(^^)

そう!友人との気分転換はいいですよね!

Case3

「ただただ、辛い…」わかりますよ。私も同じ気持ちで毎日朝を迎えていました。
でも実習は始まれば、必ず終わりがきます。辛いのは「今」だけです。

他人(メンバー)と比べるのではなく、良いところをマネすると自分の成長に繋がりますよ(*^^*)

ひとつの領域実習が終了したら、頑張った自分へのご褒美を忘れずに☆

「辛いのは今だけ」この精神好きです!

Case4

私は10月から評価実習に行かせて頂いているのですが、思うようにいかず、失敗ばかりでバイザーや先生方に呆れられています。

評価でも勉強不足で患者様に負担をかけてしまったり
動作分析が全然できていないと、何回も何回も何回も直されてます。

それでもなんとかあと1週間というところまで来たのですが
これからの実習のことを考えると、動悸みたいなものが出てきて、胃が痛くなります。

このプレッシャーに打ち勝てる自信がなくて、正直、気持ちが揺れてます。

怖いし、苦しいし、情けなくてどうしようもなくて・・・

明日からも正直怖いです。
病院に入るまでは毎日手が震えます、泣きそうになります。

大丈夫。その何回も何回も直すことをやりにきているんだから。
緊張して手が震えるのはよくわかる!笑
ってか、バイザーにも問題あるように見えますけどねー

Case5

実習、私もすごく辛かったです。
私は比較的恵まれた環境で、人間関係もスムーズでしたが、精神的にはかなり参っていたのか過食症になってしまいました。

同級生の中には、出来の悪さに学院に帰らせられた子もいます。
30分しか睡眠時間がない子もいました。
学院の先生に相談しても、あなたに問題があるのでは?と言われる子もいました。
5週間ただ立ちっぱなしで患者さんや検査器械に一切触れさせてもらえない子もいました。
レポートはいつも突き返され、レポート点を貰えない子もいました。
一人だけターゲットにされていじめられる子もいました。
泣いてる子はたくさんいました。

医療の世界は本当に厳しい。
私は3年間本当に辛かったです。でも頑張った分だけ得たものは大きいです。

実習を乗り越えて素敵なPTになってください!
頑張れ~!!

頑張った分だけ得られたものは大きい。
そう思えることは素敵ですね!

Case6

ただいま評価実習の真っ只中です。
バイザーとの人間関係がうまくいきません。
フィードバック時でのダメだしや揚げ足を取るような指摘。
症例様の評価も書き直しで課題がどんどん増えていき、追い込まれる実習となっています。

人間関係も辛いですが、帰ってからのレポートのほうが大変です。
揚げ足とられて指摘されるレポートを何時間も作成する作業です。
あぁ~レポートやらなきゃなぁと考えると全身の力が抜け、何も考えられなくなってしまいます。

ですが、「こんなに辛いなら死んだほうが楽だ。」と思ってしまいます。
ダメならどこがダメなのかを知り対策をしようと何度も思いましたがバイザーとうまくいかず、もう思考も停止しどうすればいいのかわかりません。

甘えだと思われるかもしれませんが、本当に辛いです。

課題やレポートをどんどん増やすバイザーはなに考えているんでしょうね。
こんなんつらいよな。鼻で笑いながらなにくそ精神で乗り切ろうぜ。
俺も君と同じくこのバイザー大嫌いだ。

Case7

通いのバスは乗るたびに吐き気がしました。
一人暮らし経験がなかったのでご飯が作れませんでした。
男ですが、怒られているときに勝手に涙が出てきて、女性バイザーに「あのさ○○(呼び捨て)泣くんならトイレ行って泣いてこい」と怒られました
徹夜で仕上げたレジュメを投げ捨てられました

おぉ、思い出したくもない…

この女性バイザーにはMの精神で乗り切るしかねぇ!

Case8

私の指導者さんがとても怖くて行くのが恐いです。

患者さんの部屋に訪ねて、呼吸音を先生と聴取して得た情報を報告しようとしたら「そんな報告ですか(笑)」と鼻で笑われました。
アセスメントが間違えてるというわけではなく、報告しなくてもみたいな風に笑われました。

また、朝に援助に一緒に入らせていただきたいのですが時間はわからないと思うので、その時にはすいませんが声を掛けていただけますか?と毎朝言うのですが、あーもう終わりましたと言われることも多々あります。

他の生徒の実習指導者さんは優しいのですが…自分の指導者さん、看護師さんが厳しくて辛いです。

鼻で笑い返してやろうぜ!(心の中でね)

君はひとりじゃありませんね!

8つの体験談をご紹介しました!
なんか見ると実習を控えている人は、逆に緊張してしまう気もしますが…!笑

いや、緊張したり悩むことが想定内です。

こんな経験は俺だけなんではないか…という心配が不安を助長させます。

このように、みんな同じ経験をしているんだ!ひとりじゃないんだ!
という精神が乗り切る為には重要なんです。

少しでも心の支えになれれば嬉しいです。

☆こちらもぜひご参照ください!☆
理学療法の実習ってそんなにキツイの?【今と昔では話が違う】

実習で好印象を!オススメの服装、バッグ、靴ランキング!【理学療法/持ち物】

【7つの心構え】 実習で成功するパターンと失敗するパターン【落ちたら留年】

まとめ

さぁ!たった数週間〜数ヶ月の実習なんてふっふ〜んって過ごしちゃおうぜ!
みんな同じなんだから、少しでも気持ちを楽に肩の力を抜いて乗り切ったほうが得よ!

グッドラック!君は大丈夫!

by ショーヘイ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加